瀧下和之 JAPON:ism

ユーモラスな鬼が生き生きと動く、瀧下ワールド!

2018.7.20(金)~ 8.5(日)

ユーモラスな可愛らしい鬼が生き生きと動く桃太郎シリーズをライフワークに描く作家、瀧下和之。鬼のほか、風神雷神、龍虎など日本の伝統的な題材を類まれな空間感覚と豊かな発想で表現します。

パネルに彫刻刀で彫られた独特の線描とアクリル絵具による斬新な作品は、現在展示開催中のメナード美術館(愛知)をはじめ、成川美術館(箱根)、熊本市現代美術館等、全国の美術館にも展示収蔵されています。絵画以外にも絵本・ぬいぐるみ・カルタなどのグッズ、故・横綱千代の富士やタカラジェンヌとのコラボなども展開し活躍の幅は多岐にわたっています。

本展では桃太郎図、新シリーズの大相撲力士図、版画などの作品と、今回初の試みとなる約60㎝の鬼フィギュアDX(5色)を展示いたします。会場ではグッズも揃えております。様々な魅力に溢れた瀧下ワールドをご堪能ください。

オープニングパーティー

日時:2018年7月20日(金)18:00~20:00
会場:六本木ヒルズA/Dギャラリー
料金:無料

《鬼フィギュアDX(RED)》
《鬼フィギュアDX(RED)》
62.5 x 33.4 x 26.8cm
《鬼フィギュアDX(BLACK)》
《鬼フィギュアDX(BLACK)》
62.5 x 33.4 x 26.8cm
《鬼ヶ島ではっけよい。》
《鬼ヶ島ではっけよい。》
  木版画
39.8 x 59.3 cm
《桃太郎図 鬼に金棒》
《桃太郎図 鬼に金棒》
45.5 x 18cm

瀧下和之

1975
熊本県中央町に生まれる(現・美里町)
2001
東京藝術大学大学院(描画装飾デザイン専攻、中島千波研究室)修了
2003
瀧下和之「桃太郎図」展、熊本市現代美術館
2004
美里町の町章のデザインを手掛ける
2006
「作家の卵展」おぶせミュージアム・中島千波館、長野
2007
「shinPA!」おぶせミュージアム・中島千波館、長野
NHK BSハイビジョン「俵屋宗達―永遠の風神雷神図―」に出演
「Asian Art Fair」ニューヨーク
「Scope Miami 2007」Roberto Clemente Park、マイアミ
2008
「ピクニックあるいは回遊」熊本市現代美術館
「ma: NEW TRADITIONS IN NIHONGA」DILLON GALLERY、ニューヨーク
第4回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展 入選、ニューオータニ美術館、東京
2009
画集『瀧下和之作品集 桃太郎図』刊行
画集刊行記念展 全国7カ所で開催
「メリー・ゴー・ラウンドー煌めきと黄昏」熊本市現代美術館
2010
「東京オートサロン2010 トミーカイラとのコラボレーション」幕張メッセ
2011
九州新幹線全線開業記念「ヒノクニ」、新宿髙島屋・熊本鶴屋
画集『瀧下和之作品集 JAPON: ism』刊行
画集刊行記念展 全国11カ所で開催
2012
瀧下和之『桃太郎図いろはカルタ』刊行
2013
ART TAIPEI、台北
2015
画集『瀧下和之作品集 桃太郎図Ⅱ』刊行
画集刊行記念展 全国15カ所で開催
絵本『どんぶらこ。』刊行
2016
「ART of ULTRAMAN ULTRAMAN×SHINJUKU TAKASHIMAYA」新宿髙島屋
「瀧下和之展~躍動する平成の絵師~」箱根芦ノ湖成川美術館
2017
瀧下和之『桃太郎図いろはカルタ2』刊行
「誉のくまもと展」熊本市現代美術館
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る